リンク集

ブログ内検索


11.足摺岬に来た。

 
 午前10時55分、大岐の浜を見ながら走って行く。

 午前11時23分、足摺まではあと18km、龍串まではあと13kmの分岐地点に到達。
 多分、そこは以布利だろう。


 足摺岬への道が3通りある。
 スカイラインを利用せず、窪津経由の海岸線を走って行く事にした。
 自動車一台が通れる幅の舗装道路であった。
 殆ど上り。グニャグニャの道路。
 木々の繁った道、変化の豊富な道も良いものだと思いながら走って行った。

 が、岬はまだだろうか? まだだろうか? 
 海岸線を確かに走っているのだろうが、海は見えず、山の中を走っているような感じ。

Ashizuri_Cape_1.jpg



 正午30分、約1時間強を走った後、国民宿舎「あしずり」横へと出て来た。
 乗用車が数台、前方に駐車している。

 岬に来たことを感じさせる。
 目を上げると、銅像、中浜万次郎の像があった。
 この人、誰? 

 観光案内所脇に自転車を置いて、展望台に行ってみた。
 深そうな海だ。

 足摺岬に来た。だからと言っても、どうという程の感慨もなかった。
 なぜか、何も知らないからだろう。
 何も観光の旅をしている自分ではないのだ。
 それでは何の旅をしているのか。

 展望台から戻って、昼食持参で今度は燈台に来る。
 白い燈台を後ろに感じながら、
 マヨネーズを取り出し、食パンに塗りたくり、3、4枚食べた。

 自転車を運転して行けるエネルギーを得るために、
 腹を空かさないために食べている。食べる喜びはない。
 機械的だ。習慣的だ。
 簡単に持ち運びが出来るものであり、重荷にならなければ良いと思って持ち運んでいる。
 マヨネーズと一緒に行く四国一周の旅を実行中なのだ。
 脳裏の隅では興醒めている。


 室戸岬を訪れた時と違って、人も少なくゆっくりと見物しようとすれば出来たことであろう。
 が、ここ岬に来るまで、狭い道路を幾度となく曲がったり上ったり下ったりして来た結果、
 帰りも同じくらいの時間が掛かるだろうと考えて、
 しんどい道程が続くだろう、もう疲れた、
 ということで遊歩道をゆっくりと辿ることは割愛した。
 急ぎ足になってしまう。
 どうしてだろうか? 
 浮き足立っている! 
 どうしてだ??


 岬にやってきたことを何かはっきりとした形で残しておかなければならないと
 感じていたからだろうか。
 午後1時50分、後ろ髪を引かれるように感じながらも出発だ。
 これからは戻って行くのだ。
 今来た道を戻って行く。
 だから気も楽だ。
 殆ど全線、下り坂であった。
 がけ擦れ擦れに走ったり、
 海を見たり、また道路を進んでゆくタイヤの回転を見ながら走っている。
 上半身は裸。





 続きを読む
タグ:足摺岬

旅の身にある自分? 快適に過せる場所?

19xx年5月9日(水)小雨後曇り


 昨晩は就寝前の寝苦しさに悩まされていた。それだけはない。蚊にも 辟易していた。
 
 外での宿泊状況はここ2、3日、何ら変わっていない。

 嫌な音だ。ブーンと飛んで来て、どこに着陸するのだろうかと耳を澄ましている。この人間様の肌を視界にまたは嗅覚に入れているのか。この人間様の臭いに敏感に反応したのか、鳴りが途絶えた。耳元近くにでも止まったのだろうか。そんな気配を感じて、片手でその辺をめくら法滅に叩く。と突然の衝撃で耳がつんぼ状態。我ながら驚いた。鼓膜でも破れたかと一瞬思った。

 しばらくすると、またブーンという音が聞えてくる。生き長らえたのか、それとも別のものか。確認する術はない。

 両腕、特に左手の甲を見ると蚊に射された跡が幾つもある。見る度に背筋に寒気が走る。日焼けした手の甲は汚れたようにも見える。蚊に食われた後、むしょうに痒いので一生懸命掻いたりしていた。その掻き跡が残り、両手の甲は実に汚く見える。

 兎に角、もう完全にやられっ放し。



          *   *

 午前6時35分、起床。外を見ると早朝の霧が掛かっている。以前にも、確か、山形県の新庄だった、こんな風に朝霧を目にした。

 荷造りをした。早朝の街中、人通りも交通もなく、何処かでゆっくりと腰を落ち着かせる所がないものかと求めながら、自分ひとりの自転車がゆっくりと走る。

 午前7時15分、ようやく見付けた。旭町内の児童公園。ラジオのスイッチを入れたらドイツ語講座が始まっていた。コンクリートのベンチに腰掛けながら、そして耳にはイヤフォンを入れたまま、朝食を取る。ロシア語、フランス語、スペイン語と順々に聴いた。




 午前8時50分、今日の出発。

 午前9時5分、仁淀川(によどがわ)を渡って、土佐市に入った。中村市まであと100km。今日は中村市まで行く積りだった。しかし、霧雨は止まず、山に入ると小雨に変わるようであった。

 自転車も自分自身も次第に濡れてゆく。このまま濡れるがままに走って行くよりも、と考え、時間的にはまだ早かったが、今晩は須崎市で一泊しようと心に決めていた。

 四国の道路は、大阪で話したあの人が言ったように、上ったり下ったりの連続だ。上りはきついが、下りは当然ながら楽だ。しかし、雨が降っている時には、額そして顔面から汗とも雨ともつかぬ水滴が垂れ落ちる。寒さも普通以上に感じる。

 午前10時15分、須崎市に入った。

 午前10時55分、須崎駅。10分間滞在した後、人に道を訊いて出発だ。



         *    *

 午前11時45分、市立図書館に来た。市へ来ると一度はそこの図書館へと行くのが習慣になってしまったようだ。今日は雨が続く一日だということもあった。雨宿りが出来るところで、時間を有効に使いたいという思いもあった。出来れば気分良く、リラックスしたい。

 「朱鷺(トキ)の墓」の続きを読もうとしたが、どうも上、中、下、とあるようだ。先日は「上」を読み残し、本日は「中」を抜かして、「下」を読んでしまったらしい。「愛怨の章」であった。まだ時間があったので「涙の河を振り返れ」も読んだ。

 窓の外を見ると傘を差して通って行く人の姿が見える。目にはっきりとは見えないが、まだ降っているのだろう。

 午後5時の閉館時間と同時に退館。


 さて、何をしようか、と考えても、こういう町では別に見るべきものはないようだし、それに雨は上がったようだが、曇り空の下、気分も何となく沈みがち。

 町中、自転車で回る。時間を潰す。もう少し賢明に空いた時間の過ごし方、使い方があっても良いのだろうが、どうすれば良いか、アイデアが浮かばない。とにかく、町中を回りながらも今夜の寝場所を探している。何時もの繰り返し。日本中、町中、野宿の出来る場所を捜し求める。野宿した後には、日本各地の野宿済み地図でも作成できるかもしれない。





 再び公民館自転車置場に戻った。
 今晩はこのジャリの上に新聞紙を敷いて寝よう。

 午後7時10分、この旅人にとっては就寝のための夜がやってきたということで、寝袋に入った。一日はもう終わったのだ。明日に期待しよう。

 寝入る前の、自分の呼吸音だけが聞こえている。そのまま静かに寝入れるものと思っていた。ところが、隣が忙しくなった。この町に住む人たちなのだろう、自転車で、乗用車で、と公民館に乗り込んで来る。何かの市民講座が開かれているらしい。ピアノの音が歌声と一緒に聞えてくる。子供達が飛び跳ねている。夜が来たからといっても直ぐに床に就くことはしない人たちもいるのだ。寧ろ、寝る前の夜の時間、習い事等で有効に使っているのだ。

 午後9時を過ぎる頃から人々は帰り始め、午後9時半には皆帰ったらしく、電灯が消えた。暗くなった。静かになった。続きを読む
posted by shikoku at 02:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四国一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

淡路島へと渡る、四国一周の旅の開始



4月30日(月)晴れ  須磨→ 洲本(淡路島)


須磨寺、午前9時半〜10時5分まで。
 
源氏物語の須磨の巻や一の谷合戦の舞台となった歴史のある寺だそうだ。
こういう所を訪ねる理由の一つはそういうことをもっと知るという知識欲を満たすことでもある。
OLらしい二人連れが階段の所で写真を撮り合っていた。

国道2号線、海岸を左に見ながら、すこし下り坂、軽いペダルで走って行く。
サイクリングの中学生か高校生か、一団が過ぎ去って行く。


新源氏物語 (上) (文庫)
新源氏物語 (中) (文庫)
新源氏物語 (下) (文庫)




        *    *

午前10時53分、明石市に入る。
道路は二又に分かれ、
市街へと入って行く道とフェリー乗り場へ行く道、
後者の道を選択する。

実は料金はどのくらいかと参考の為にも見に行ってみようと走って行った。
軽い気持ちで走っているうちに、何の前触れもなく、
言わば直感的に淡路島に渡ってみようと決心している自分を発見。
景色に刺激を受けたからかも知れない。

これから島へと渡るという思い、何が待ち構えているだろうか、
想像するだけでも何か惹き付けられるものがある。
地名は良く知っていても行ったことがなかった、来たことがなかった。
が、今、その淡路島、それが今、目の前に見える、横たわっている。
どんな島なのだろう? 
想像は想像を呼び起こし、そこへ行ってみよう! という気持ちは高まってきた。

Awaji-island.png

続きを読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。